先日10月10日、横浜中華街の双十節(10がふたつ重なるので「双十節」という説あり)を見に行ってきました。中華民国の建国記念日を祝う祝賀パレードが、毎年盛大に行われます。民族衣装に身を包んだ中華学院の生徒さんが中華街の通りを踊りながら回り、カラフルな獅子の舞も見られて、毎年いつも壮観です。
知っているようで知らないお隣の国の文化(横浜中華街は台湾系の方たちが多いようですが)に触れる良い機会だと思います。しっかりと練習をした生徒さんの踊りや、華やかな民族衣装も見ごたえがあります。悪霊を追い払う(?)という、爆竹の音は鼓膜が破れるほどですが、ぜひご存じない方は来年の10月10日に足を運んでみて下さい。

お獅子さん

民族衣装と踊り