国際基準に合わせた新JIS表示への変更となり、今までの22種類から41種類へと増え、「可・不可」への注意点が細かく表示されるようになりました。
海外で購入した衣類などの洗濯やクリーニングに対して円滑な取り扱いを行えるようにする、というのが主な理由ですが、今までの分類方法により、海外製品へのトラブルが増加傾向にあるというのも、また別の理由としてあるのではないでしょうか。
自宅での洗濯はもとより、クリーニング店でも対応が難しい製品、それも高級ブランド品に多くあり、お断りされてしまうケースもあると聞いております。当社でも判断が難しいお品物をお預かりするケースが多々ありますが、ベストな方法を模索して対応させていただいております。
新基準を順守することで、ご自宅でのお洗濯時のトラブルを回避することは可能だとは思いますが、それでもドライクリーニング店を利用していただく方がベストだという衣類も多く存在しております。その際は、ぜひ当社をご利用いただきたいと思っております。

リンク:消費者庁洗濯表示(平成 28年12月1日以降)